※情報が古い場合がありますので参考程度に御覧ください

東北 温泉巡りの旅

更新日:

2002年4月27日~5月3日 6泊7日

今回の旅の目的は東北の温泉巡り。ゆうには大自然で遊んでもらおうという計画です。大まかに予定は立てましたが、行き当たりばったりの旅でした。まずは・・・今回入った温泉の紹介

・滝沢相の沢温泉 「お山の湯」
・玉川温泉
・乳頭温泉 「鶴の湯」
・田沢湖高原温泉 「国民宿舎 駒草荘」
・天王温泉 「くらら」
・湯田温泉 「ほっとゆだ」
・湯田温泉 「穴ゆっこ」
・湯田温泉 「砂ゆっこ」
・錦秋湖温泉
・前森温泉 「清流」
・上山温泉 「下大湯」

4/27(土)晴れアイコン
自宅を6時に出発。東北自動車道をひたすら走り、午後に盛岡に到着。その後、小岩井農場で”ゆう”と遊び、長距離を走ったので早めに本日の宿泊予定地「相の沢キャンプ場」へ向かった。本日の温泉は滝沢相の沢温泉 「お山の湯」。露天からは山並みも見え、良い景色だった。

玉乗り
曲芸 (^_^;)
岩手県 小岩井農場
小岩井農場はわん連れOK
場内に犬連れ可
天気も良く気持ちよかった
チューリップ
チューリップが綺麗でした
花畑
花畑をバックに
牛の偽者
牛(偽者)に興味深々 (^^ゞ
アイス強奪
ソフトクリーム強奪
林間のキャンプ場
キャンプ場は林間
すばらしい開放感
すばらしい開放感!

4/28(日)晴れアイコン
混む前に、ガンも治ると言われている玉川温泉へ向かった。群馬の草津温泉よりも強い強酸性で、一晩、包丁を湯に漬けておくと歯がボロボロになるほど酸性度が高いとの事。9時に到着したのに駐車場はほぼ満車。なんとか止められたので早速温泉へ。さすがに人気の温泉だけあって湯治客が多い。無料の駐車場があるので最初、車中泊の予定地として候補に上げていましたが、今年からは昼間は管理人在住、夜間は閉鎖されることになったようです。渡された紙に書いてる理由を見ると・・・・「駐車場内でキャンプする人が多い。駐車場が混雑する、ゴミ投棄や用便で周辺環境の悪化している・・・・」残念な話です。マナーを守らないとこのような駐車場が増えて車中泊出来なくなってしまいます。マナーは守りたいものです。。

玉川温泉
ガンも治ると言われている玉川温泉
強酸性の温泉
強酸性で飲むとスッパイ
秋田名物 きりたんぽ
秋田名物 (^^ゞ
温泉が吹き上がる まさに天然温泉
温泉が噴出しています
無料の露天風呂
無料の露天。周辺には観光客多数
入る勇気が無い。。

次の目的地、田沢湖に向かう途中に玉川ダム公園があったので立ち寄った。桜が満開で、とても綺麗。ここでしばらく”ゆう”とのんびりした。その後、田沢湖を観光し、本日2件目の温泉、乳頭温泉「鶴の湯」に行った。鶴の湯はすばらしく良かった!乳白色の露天風呂の底は砂利がひいてあり、そこから温泉が直接湧き出ている。オナラをしたみたいにボコボコと・・

水芭蕉
水芭蕉群生
見事な桜
桜が見事
ダム公園
綺麗な公園
湖が綺麗
途中で通った湖。綺麗な色
たつこ像
田沢湖「たつこ像」
透明度が高い
透明度がすごい
稲庭うどん
昼食は稲庭うどん
美味しいうどんでした
美味しかった
鶴の湯
鶴の湯の入り口
鶴の湯 露天風呂
露天風呂
風情たっぷり
風情たっぷり
乳頭温泉郷 良い所です
良いところです

田沢湖高原温泉の駐車場

本日の宿泊地は田沢湖高原温泉の無料駐車場。眼下に田沢湖も見え、最高です。そして・・・本日3件目の温泉「国民宿舎 駒草荘」へ・・・・露天からは田沢湖が一望出来、湯の花たっぷりのお湯で中々よかったです。

4/29(月)晴れアイコン
今日も天気が良い。ゆうとスキー場へ(雪はまったくなし営業終了)散歩に出かけ、すがすがしい気分で1日のスタートです。本日は男鹿半島観光の予定。なまはげ館などを見学し夕方は道の駅「てんのう」で車中泊。温泉は道の駅内にある、天王温泉「くらら」

田沢湖高原温泉
快晴
ふきのとう
春ですね
スキー場
スキー場から見る田沢湖
雪の無いスキー場を散歩
散歩も気持ちが良い
名水
途中にあった名水
茶立ての清水
美味しい水でした
名物 パラソルアイス
パラソルアイス。道端で売ってます
パラグライダー
パラグライダー。気持ちよさそう
散歩
散歩!
なまはげ伝承館
なまはげ館を見学
なまはげ実演
実演中
中々面白い
結構面白い
なまはげ登場
なまはげ
道の駅てんのう
道の駅「てんのう」 でかい!
鯉が沢山
下には鯉がたくさん
不法侵入?
竪穴式住居に侵入 (^_^;)
道の駅は快適
道の駅「てんのう」は快適
天王温泉 くらら
天王温泉「くらら」

4/30(火)雨アイコン
今日は朝から生憎の雨。それも本降り。この状況じゃ”ゆう”を外に出して遊べないので、移動日として早めに目的地に向かった。途中、コインランドリーで洗濯。今は便利ですね~、携帯電話(i-mode)のエリアサーチで近くのコインランドリーを探し現地へ。便利便利。。今までの汚れ物の洗濯&乾燥(両方で500円)で1時間ほど、休憩。その後、面白い温泉に立ち寄った。その名は湯田温泉「ほっとゆだ」。施設の場所がJRの駅舎内にある。さらに駅の名前も温泉と同じ「ほっとゆだ駅」 (~o~) 温泉も掛け流しにされており、料金も200円と安い。温泉内には信号機が設置されており、電車の発車時刻に合わせて点灯するようになっているのもさすが駅!面白い。宿泊地は秋田自動車道の錦秋湖SA(ハイウェイオアシス)に隣接するキャンプ場。このキャンプ場はオアシス館の温泉を利用(500円)すると、キャンプ場を無料で利用できるという、面白いシステム。場内も広々しており良かった。晴れていれば最高だったと思う (;_;)

JRほっとゆだ駅
JR ほっとゆだ駅
温泉がある駅
ほっとゆだ温泉
浴槽に信号機
浴室に信号機が・・・
ハイウェイオアシスに隣接
ハイウェイオアシスに
隣接するキャンプ場
パークゴルフ
パークゴルフ(有料)などもある
広い敷地
かなり広いです
天然温泉有り
ハイウェイオアシス館

5/1(水)
昨日の雨も上がり、天気も回復しそう。先日、私たちは温泉を楽しんだが”ゆう”は雨で車の中ばっかりだったので、今日は早めに目的地(前森高原オートキャンプ場)に行き、”ゆう”とのんびり!という事に決定。でも、温泉は入ります(^^ゞ 朝風呂として、湯田温泉「穴ゆっこ」に入った。どんな温泉?と思ったら洞窟のようになっている浴槽があるのでそのような名前みたい。温泉も掛け流しで露天からは錦秋湖を見ることが出来る。料金も200円と安い。その後、錦秋湖沿いの国道を走っていたら「砂ゆっこ」という看板を発見。行ってみる事にした。ここも湯田温泉で砂蒸し風呂である。料金は1000円だが、1000円出す価値は十分すぎるほどある。お勧めです。話を聞いたら連休の時などは2~3時間待ちになるとのこと。平日の早い時間だったので今回は待ち時間なし。ラッキー! その後、前森高原オートキャンプ場へ向かった。前森高原・・・ぱっと見た目、北海道のような風景が広がる。私好み。キャンプ場も区画サイト(AC電源、テーブル、イス付き)で1000円と格安。”ゆう”も気に入ったみたく、のびのびしていた。先日に引き続き、本日も我家だけの貸切 (^o^)v 夕方、前森温泉に出かけた。この温泉、牛舎が立ち並ぶ中にあり、会社の保養所と書いてあったが、一般入浴も可能。あまり、期待はしなかったが、掛け流しされており、温度も最適。すごく気持ちよかった。料金は300円。

峠山パークランド
やっと雨が止んだ
(峠山パークランド)
ヤギに夢中
やぎに夢中?
(峠山パークランド)
うさぎ
うさぎも居ますよ~
(峠山パークランド)
穴ゆっこ温泉
穴ゆっこで・・・
天然温泉
穴ゆっこ温泉
安くて快適な温泉
良い温泉でした
砂ゆっこ温泉
砂ゆっこ
砂蒸し温泉
砂蒸し風呂、かなりの人気らしい
前森高原キャンプ場
前森高原キャンプ場
散歩
散歩も気持ち良い
(前森高原キャンプ場)
草地のキャンプ場
草地なのでのんびり
(前森高原キャンプ場)
テーブルも有り
おやつちょうだい!
(前森高原キャンプ場)
おやつ
おやつ~
(前森高原キャンプ場)
前森温泉
前森温泉、道の両サイドは牛舎です。
(前森温泉)
牛舎の中にあります
保養所となっている・・
(前森温泉)
牛が沢山
牛に注目
(前森温泉)
民家みたいですが温泉です
民家のようですが、立派な温泉
(前森温泉)

5/2(木)
今回予定していた旅の資金がなくなりそうなので、本日で旅を終了する事にし、妻の実家(栃木県宇都宮市)を目指した。途中、またまた、温泉に立ち寄った。500年以上の歴史がある、山形県上山市にある上山温泉 共同浴場「下大湯」。この温泉、料金が80円。髪を洗う場合は洗髪料(温泉代込みで170円)を支払い、洗髪券とかいう看板を目の前に立てて洗う。昔なからの仕組みなのだろうか。普段と違う入り方に興味深々。昔は地元の人が多く利用しているみたいですが、最近では観光客が多いとか。。私もその一人ですが (^^ゞ 80円だからといって馬鹿にしては行けない。ちゃんと掛け流しされており、関東の塩素臭い循環している温泉、それも1000円近い料金を取られるところとは比べものにならないくらい、良いお湯でした。東北は温泉天国ですね。良いな~ お昼に喜多方ラーメンを食べ、最終目的地の宇都宮へ向かった。本日は宇都宮の実家で車中泊・・・・ 我家は実家でもキャンピングカーで寝ています(^^ゞ 楽しい旅も無事終わった。東北の温泉・・・好きになりそう。また、時間が出来たら行きたい!

北海道を思わせる景色
爽快!
(前森高原キャンプ場)
上山温泉
上山温泉 共同浴場
歴史ある渋い温泉でした
温泉、正面入り口
喜多方ラーメン
喜多方ラーメン「松食堂」
松食堂
ん~~最高!

-旅行記
-

Copyright© わんわんキャンプ , 2017 AllRights Reserved.